JavaScript ONでご覧下さい。

   



@ 竿は、アユ竿の場合、柔らかめの竿がお奨めです。
渓流竿の場合、本流竿がお奨めです。
メバル竿の場合、穂先の一、二番をやや硬調と交換すればOK!。
片手で振り込むので、軽めで8m、200g弱が丁度良い。

A 天糸は、0.5号から0.6号のフロロカーボンで十分です。
B オモリは、よく見える糸付きカラーオモリを使って下さい。
糸付きカラーオモリを投入後、アユが警戒して移動する場合別色の糸付きカラーオモリに交換して下さい。
糸付きカラーオモリの号数は、水深・流速に応じて交換して下さい。
普通の流れで水深1mなら1号から1.5号です。

C ハリの号数は、アユの大きさと水深を考慮して替えて下さい。

D 仕掛けを投入後、水中では先ず最初にオモリが沈みます。
続いてハリも沈むのですが、オモリが重すぎると、ハリが沈んでいない状態で竿をあわす事になります。
水中の中での仕掛けの動きをイメージした仕掛けバランスにしましょう。

E 鮎がバレた場合、ハリ先が傷んでいることがあります。
すぐにハリを交換して下さい。

F ハリの両端を指で持ち広げると叉が折れ、簡単に交換できます。
注意:現在この釣方は、コロガシ釣りが許可されている場合か、オトリ取りのみ許可されている河川しか行なう事は出来ません。
2008年太田川での見掛けの実釣の様子をご覧ください。
PCの環境により映像が出ない場合があります。
(無料映像ソフトを入れている場合に影響があります)

詳しい釣り方はパッケージに記載しておりますので参考にしてください。
ハリ型 号数 ハリス メーカー希望価格
狐 形 8.5号 1.2号 10組入

800円(税抜)
狐 形 9.0号 1.2号
狐 形 10号 1.2号