JavaScript ONでご覧下さい。

島根県柿木村にある釣師のお宿「原田屋」
の駐車場に於いて夏祭りの神楽が行われ
ています。これは、「オロチ」のシーンです。
平成15年からは、近くの体育館で行われて
おり、8匹のオロチが迫力満点の動きをします。
 島根県では、全国の神様が一同に集まる出雲大社があることから、古くから神楽が盛んです。
10月は、神無月ですが、島根は、神有月ということです。
 全国的に有名になった高津川は、その神楽の里を流れています。中国山地から日本海へ流れるダム
が無い日本の100名川にも選ばれた川です。私自身、100名川の選考委員の一人として選んでみて全国
の鮎師に一番推薦したい川です。
鮎の解禁は、6月1日で一週間後には、網が解禁となる川です。一般的には、非常に早い解禁ですが、
遊びの釣りとは違い、鮎漁を生活の糧とされている漁師的な方がまだまだ多く、地域的には、仕方がない
事です。
高津川に通い始めて当初は、一人一瀬の世界でした。今は、宣伝が効きすぎて銀座なみです。
平日でも、遠距離から貸切バスで鮎釣りに来られるぐらい、人が多くなりました。
 釣り場は、沢山ありますが、お勧めは、日原町の上下です。一番鮎が多く最後まで楽しめます。
一時ですが、柿木村周辺も見逃せない釣場です。解禁当初に23センチの鮎が掛かるポイントもあります。
 鮎の味は、「清流めぐり利き鮎会」において2002年準グランプリになった匹見川も高津川水系です。
この地域では、古くから3箇所の鮎が美味い とされています。上から福川川(柿木村に注ぐ支流)、それと
日原の上流に注ぐ「さぶみ」地区、それと匹見川です。
 鮎は、沢山います。簡単に釣れると思って来られる方がおられますが、今は違います。
一応、泳がせの基本位知らないと、いきなり川に入っても中々思うように釣れません。
でも、掛かったらこの川の鮎の暴れようは、天下一品です。頭が白くなるぐらい他を忘れます。

 釣り人にお願いがあります。釣り人が沢山来てもいやな顔をしなかった地元の方が最近は、少し違って
きています。ゴミ、違法駐車、車上荒し、脱糞等々が増えてきていて、それがすべて釣り人のした事の様
になっています。一人一人が気を付けて、周りのゴミを持ち帰るようにしないと、出入り禁止になります。
協力お願いします。





コラム一覧へ戻る